スポンサーサイト

  • 2017.06.04 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    サッカー界で久保が旬!?

    • 2017.03.28 Tuesday
    • 01:45

    JUGEMテーマ:スポーツサッカー

     

    先日のサッカーW杯最終予選、日本vsUAE戦。期待のホープ・久保裕也、大迫勇也の二人の「ゆうや」、さらに、いぶし銀・今野泰幸の新旧3選手らの活躍により、サッカー日本代表がスコア2−0で完勝し、最終予選突破にさらに一歩近づきました。そして、28日にタイ戦を迎えます。ところが、大迫、今野の両選手が、この試合を負傷欠場とのこと。サッカー日本代表のハリル・ホジッチ監督は前日の会見で「大迫に代わる選手は用意している」と強気ですが、ここでつまづくと、せっかく近づいたW杯出場から大きく後退します。タイも実力を伸ばしており、スポーツでは何が起こるかわかりません。油断大敵。個人的につまらないゲーム運びでも我慢するので、勝利という結果だけは必ず残してもらいたい。

     

    頑張れ!ニッポン。

     

    UAE戦では、久保裕也選手が素晴らしいパフォーマンスでした。ワンゴール、ワンアシストで全得点に絡む活躍。まさに勝利の立役者です。タイ戦でも同様の活躍を期待したいところです。ところで、サッカーで久保といえば、15歳ながらにして、U-19サッカー日本代表に飛び級で選ばれた久保建英選手がいますね。サッカー界は今、久保が旬!?

     

    そういや、久保竜彦という選手もいましたな。

     

    (ゴールを喜ぶ久保竜彦選手、出典:youtube)

     

    豪快なプレイが持ち味で結構、好きでした、、、(-. -)ボソ。。。

    ファイト!

    • 2017.03.23 Thursday
    • 23:30

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

    侍ジャパン、強敵・米国に惜敗ーー。

     

    残念。これ以外に今の気持ちを表現する言葉が思い浮かびませんね。「野球」が「ベースボール」を捻り潰す。そんな姿に期待していたのに、あと一歩及ばず。実に口惜しい。勝負の世界は、過程がどれだけ良くても、結果が伴わなければ意味がないことを痛感した次第です。侍ジャパンには今回の惜敗を教訓に変え、この次のワールドベースボールクラッシック(WBC)こそ、世界チャンピオンに返り咲いてほしいと切に願うばかりです。

     

    ファイト!侍ジャパン。

     

    こうした思いを知人に熱っぽく語っていたら、スポーツにあまり関心がないらしく苦笑いされました。興味がない人には力の入り過ぎに映るようです。中島みゆきの「#ファイト」の一節を思い出しました:

     

    ファイト!

    たたかうキミの歌を

    たたかわないヤツラが笑うだろう

    ファイト!

    冷たい水の中を

    ふるえながら上ってゆけ

     

    (出典:youtube)

     

    このフレーズを自分へのエールにし、周囲の目をあまり気にせず、スポーツの日本代表を熱く応援していきます。

     

    ファイト!日本代表、ファイト!オレ。

     

    続きを読む >>

    春到来、花を楽しむ

    • 2017.03.22 Wednesday
    • 00:30

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

    気象庁が東京のサクラの開花を宣言しましたなー。

     

    いよいよ春ですね。天気がぐずつく中、肌寒さも感じ、春の訪れの実感こそ乏しい一日でしたが、開花宣言と聞いただけで、何かこう期待感をそそられるような、ワクワク、ソワソワするような、そんな気持ちになります。桜が満開になる頃が待ち遠しいですね。春のやわらかな日差しを浴びながら、頭の中を「お花畑」にして、のんびり惰眠を貪るつもりです。

     

    22日午前、ワールドベースボールクラッシック(WBC)の準決勝、日本vs米国が始まります。米大リーグで活躍するダルビッシュ有投手や田中将大投手をはじめ、投手と野手の二刀流でファンを沸かせた大谷翔平投手ら「華」があるプレーヤーこそ参加していないものの、優勝を狙えるチームです。米国に勝ち、決勝の舞台に駒を進め、世界王者という大輪の花を咲かせてもらいたく。

     

    (出典:野球日本代表・侍ジャパンオフィシャルサイト)

     

    さらに23日にサッカー日本代表のW杯最終予選、日本vsUAE戦があります。原口元気選手や大迫勇也選手といった若手が台頭し、前回のW杯で主力だった本田圭佑選手、長友佑都選手らはいささか代表内で存在感が薄くなっている印象。とはいえ、いずれも十分に活躍できる能力、経験を持つ選手なだけに、奮起してもうひと花もふた花も咲かせてもらいたいですね。

     

    春到来ーー。今後、いろんな花が楽しめそうです。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    カウンター

    ブログパーツUL5

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM